卵殻膜はⅢ型コラーゲンの生成をサポート

卵殻膜には「Ⅲ型コラーゲン」の生成をサポートする作用があります。

この「Ⅲ型コラーゲン」というのは、コラーゲンの中でも最も優れていると言われており、肌を美しく保ち、修復作用が高いコラーゲンとして知られています。

Ⅲ型コラーゲンを体の中で生成することができれば、今までとは比べ物にならないくらいに肌が美しく健康に導かれていきます。それでは、Ⅲ型コラーゲンについて詳しく解説をしていきたいと思います。

Ⅲ型コラーゲンってなに?

まずは、「Ⅲ型コラーゲン」について少しお話をしたいと思います。

私たちの体には「Ⅰ型コラーゲン」と「Ⅲ型コラーゲン」という、いわゆる2大コラーゲンが存在しています。皮膚の70%はこのⅠ型・Ⅲ型コラーゲンで構成されているのです。

「Ⅰ型コラーゲン」は、強く硬い線維性のコラーゲンで、「Ⅲ型コラーゲン」は、細く柔らかい繊維性コラーゲンという異なる種類になっています。人間は年齢を重ねるごとに、Ⅰ型とⅢ型の比率を変えながら生きています。年齢が積み重なれば積み重なるほどに、「Ⅰ型コラーゲンが増え、Ⅲ型コラーゲンが減る」ようになっています。

ですから皮膚は年々、強さと硬さを増していくようになります。Ⅲ型コラーゲンは赤ちゃんの時に1番人体に存在しており、年齢とともに減少していくので加齢により肌のハリ・弾力が失われていきます。それから火傷、切り傷などを負った場合、皮膚を修復するためにⅢ型コラーゲンが最初に働き始めて、次にⅠ型コラーゲンの割合が増えていきますので、Ⅲ型コラーゲンの修復機能が高いということが分かります。

ただ結論から言えば、何もしなければⅢ型コラーゲンはどんどん体内から減少していきますので、肌の老化も進みますし傷の治りも悪くなっていきます。

コラーゲンの種類と特徴

Ⅲ型コラーゲンについてまとめると

  • 赤ちゃんに多く含まれているコラーゲン
  • 柔らかくて細い線維で保湿力は高い
  • 肌の弾力やハリをキープする
  • 加齢とともに体内から減少していく
  • 美容にも健康にも必要不可欠なコラーゲン
  • 細胞環境を整えることができる
  • 修復機能、再生機能に優れている

Ⅲ型コラーゲンを増やす方法!

ここで登場するのが、卵殻膜です!お待たせしました、卵殻膜には「Ⅲ型コラーゲン」の生成を促進させる作用があります。今までは何もせずに、ただⅢ型コラーゲンが減っていくのを待っていただけですが、卵殻膜があれば大丈夫!

Ⅲ型コラーゲンの生成をサポートしてくれますので、肌機能をアップさせて若々しい肌を実現させることができます。

ちなみにⅢ型コラーゲンを食べ物から摂取するのはとても難しいので、卵殻膜のサプリメントやスキンケア用品などで取り入れることをおススメします。卵殻膜の登場により、外部からもⅢ型コラーゲンを摂取することができるようになったので、これからの美容・健康効果が大いに期待できます。

Ⅲ型コラーゲンが増えるとどうなるか?

  • 健康的で美しい肌を手に入れることができる
  • くすみのない明るい透き通った肌になる
  • 肌がスベスベ、ツルツル、もちもちになる
  • 毛穴が引き締まって凸凹がなくなる
  • 弾力とハリのある肌になる
  • シワ、シミが目立たない肌になる
  • 毎日疲れ知らずになる