卵殻膜に関するQ&A

卵殻膜のサプリメントやスキンケアを使う前に、卵殻膜について疑問に思っていることを解消したい!

そんなあなたに、卵殻膜のQ&Aをご紹介したいと思います。様々な卵殻膜に関する疑問を、こちらで解消していってください!

卵殻膜のQ&A

Q:卵殻膜を食べてもいい?

A、卵殻膜はそのまま食べたとしても消化も吸収もされませんので、食べる必要性はありません。さらに言えば、卵殻膜を食べると「消化不良」を起こす可能性がありますので、食べないほうがいいと思います。

ゆで卵を作ったときに、殻をむいていると薄い膜(卵殻膜)が出てきますが、水や油に溶けない性質があるので、消化も吸収も分解もできないので食べないほうがいいですね。

Q:卵殻膜を簡単に補給する方法は?

A、現在のところ、卵殻膜を手軽に補給する方法はサプリメントやスキンケアなどの商品を購入するしかありません。

自分の力で卵から卵殻膜の成分を摂取するということは、不可能だと考えられます。

Q:火傷などの治療に使われているって本当?

A、今でも相撲部屋の力士たちは、傷口に卵殻膜を使って治療をしています。昔から受け継がれてきた民間療法ですが、今でもなお継続されています。

Q:敏感肌でも卵殻膜を使って大丈夫?

A、卵殻膜のスキンケア用品や化粧品は、基本的に敏感肌の人でも使用ができます。

しかし、卵殻膜以外の成分に刺激の強いものなどが入っていると、敏感肌の人は肌トラブルを引き起こしてしまう可能性がありますので、成分をしっかりと確認してから使うようにしましょう。

Q:卵アレルギーがあります大丈夫ですか?

A、卵殻膜には一般的に多いと言われている卵アレルギーの原因となる成分は含まれていないので、基本的にはアレルギー反応は起きないと言われています。

しかし、アレルギーの原因となる成分が含まれてしまっている人も中にはいる可能性がありますので、スキンケアであればパッチテストをしてから使用することをおススメします。

Q:卵殻膜って鶏の卵だけ?

A、市場に出ている卵殻膜のサプリメントやスキンケアは、ほぼ鶏の卵の卵殻膜を使っています。

殻のある卵つまり、ダチョウやうずらの卵でも卵殻膜は存在していますが、品質などの観点から鶏の卵を使っているようですね。

Q:自分で卵殻膜の化粧水が作れるって本当?

A、確かに最近はインターネットで、卵殻膜の化粧水の作り方などが掲載されています。しかし雑菌が繁殖しやすいことなどから、あまりおススメができるものではありません。

販売されている卵殻膜の化粧水などであれば、卵殻膜の栄養成分のほかにも美肌成分などが配合されていますので、そちらを使うほうがいいのかなと思います。

Q:卵殻膜商品はどこで買える?

A、多くはネット通販などで販売していますので、まずはネットで卵殻膜を検索してみるといいでしょう。

卵殻膜のパイオニアと言われているメーカー「アルマード」の卵殻膜商品は、優秀だということで注目されています。もちろんそのほかのメーカーでも、卵殻膜のサプリメントやスキンケア、化粧品などが販売されています。